概要 鉛亜鉛需要開発センター
トップへ

1.設立経緯

日本における鉛・亜鉛およびその関連製品の需要振興をはかるため、昭和39年7月1日、鉛・亜鉛を生産する鉱山、製錬会社によって「日本鉛亜鉛需要研究会」が設立されました。
平成14年4月1日より日本鉱業協会と統合「日本鉱業協会 鉛亜鉛需要開発センター」として需要振興活動を継続しております。

2.事業

1)鉛・亜鉛の需要振興に関する調査・研究および所見の発表
2)機関誌および各種資料の発行
3)講演会その他の会合の開催
4)その他需要振興のための事業

3. 活動

1) 鉛・亜鉛の国際的な需要振興機関である国際鉛亜鉛研究機構(ILZRO)、国際亜鉛協会(IZA)など世界各国の需要開発団体と連携して、資料や情報の交換を行っております。
2) 機関誌「鉛と亜鉛」を年4回発行し、国内国外の各種技術その他の資料・情報を掲載して関係方面に配布しており、ほかに主要な需要面に関するパンフレット、用途シリ−ズ、その他の小冊子の発行。
3) 鉛・亜鉛およびその製品の用途、およびその関連技術に関する情報や資料のサービスの実施。


組織 正会員会社 関係団体 出版物 新着情報 紹介ページのトップへ戻る